青少年(青少年部会)

青少年部会では、行事等を通し地域の青少年の健全育成のための活動を行っています。小学校・PTA・児童館や地域の関係者と連携をとりながら春には「歩こう会」に参加。夏は「1泊2日の奥多摩キャンプ」秋は「住区まつり」のお手伝い 冬は「もちつき大会」を各町会・

メコメコプレイランドに参加

11月3日穏やかな晴天の文化の日に、目黒区子ども会連合会主催の交流会「メコメコプレイランド」(ミニ運動会)に参加してきました。
油面住区として初めての募集でしたが、小学生35人が参加してくれました。
せせらぎ公園に集合して、会場の上目黒小学校へ向かいました。
ジュニアリーダー研修を経たリーダーのお兄さんやお姉さんと一緒に、「○×ゲーム」や「おにぎり&パン食い競争」、全員参加の「リレー」などに汗を流し、お昼には、連合会が準備してくれたカレーライスをみんなで食べました。
「楽しかった!」の声がたくさん聞かれました。
目黒区青少年委員会も準備、運営に携わっている行事です。



恒例「あぶらめんキャンプ」今年も大成功!!

7月22日(土)23日(日)、西多摩市「清東園キャンプ場」にて参加児童39人、リーダーやスタッフ、大人(育成者)の引率者、合わせて総勢61人で1泊2日のキャンプを行いました。
4月に赴任された国冨校長先生も一緒に、1日目は川遊び、飯ごう炊さん、カレーライス作り、キャンプファイヤーと盛りだくさん。児童はもちろん、大人たちも汗だくになって頑張りました。
2日目は慣れない?布団たたみからスタート。朝のつどいでのラジオ体操で目もバッチリ覚めました。
牛乳などのパックに、アルミホイルで包んだドッグパンを入れて焼くカンガルートーストとコーンスープの朝食の後、お楽しみタイムでは布の手提げ袋に思い思いの絵を描きました。
初めはよそよそしかった児童が1泊2日を過ごす中で、リーダーのお兄さんお姉さんに甘えている様子が微笑ましかったです。
油面のキャンプはジュニアリーダー研修を受けたリーダーが中心になって活動や生活指導を行い、育成者は側面や底面をサポートして運営しています。
今年、リーダー全体の中心(総括)になったのは小1からキャンプに参加してきた女子高校生です。立派に務めを果たしてくれました。
参加の小学生から、数年後のリーダーが育ち繋いでくれることを願っています。
2日間はあっという間でしたが、夏のよい思い出になっていてくれたら幸いです。
ご協力くださいました保護者の皆さん、多くの方々に感謝いたします。


  クリックすると拡大します


新緑の林試の森公園へ向けて「歩こう会」が開催

今年は10時に油面小学校に集合し、家庭科室で「おにぎらず」をつくって、お弁当としました。大人の分も子供たちはつくってくれて、好きな具材をご飯に挟んで海苔で包んで、楽しく作ることができました。副校長先生が見送る中、11時に小学生10名とジュニアリーダーを含む中学生4名が中心となり先導し、林試の森へ向けて出発しました。
約20分かけて、爽やかな新緑の林試の森公園へ到着。早速、自分たちでつくった「おにぎらず」を頬張り、大人でも3個は多かったかなぁと思う「おにぎらず」を美味しそうにたいらげて、中にはお代わりをする児童も。
昼食後は、「歩こう会」のイベントが開始し、区長のお話などを聞いた後、ジュニアリーダーやリーダーのお兄さん・お姉さんと一緒に、楽しく遊びました。
大気の状態が不安定という情報もあり、当初より早めに解散となり、油面住区まで一緒に歩いて帰ってきて、解散となりました。
油面住区住民会議 青少年部では、ジュニアリーダー育成に力を入れております。
小学校4年生以上であれば、参加可能ですので住区窓口の斎藤までお声掛けください。




目黒区青少年社会貢献表彰おめでとうございます

1月22日青少年プラザにて、目黒区青少年社会貢献表彰式がありました。
嬉しいことに、油面住区まつりに、いつも出場し地域のコミュニティ形成に貢献していただいている「油面児童館太鼓クラブ」「油面児童館フラダンスクラブ」「目黒区立大鳥中学校ダンス部」が表彰されました。




油面小学校PTAが警視庁交通部長から感謝状を授与

学校、学童、生徒の交通事故防止を図るため学校の内外において積極的に交通安全活動を推進し、他のPTAの模範となっているとして、油面小学校PTAが警視庁交通部長から優良小学校PTA感謝状を贈呈されました。この賞は、東京都内の全学校(公立小中校は約1900校)のうち、優良と認められた20校に贈られる感謝状で、地域の方々を含め多くの保護者による通学路等の見守り活動や自転車安全教室等の交通安全活動が、単年ではなく、継続的に行われていることが評価されたものです。



9月18日(日)開催された区民まつり

こども広場(田道小学校)の目黒区青少年委員会のブースで、油面の松林杏悟君と関口心挙(こあ)君の二人が中学生スタッフとして楽しそうに大活躍していました。

今年は「怖さ」が倍増!!夜の学校探検

夜の学校探検が8月28日、油面小学校にて開催されました。
当日は様々な趣向をこらしたおばけや心霊グッズが用意され、集まった小学生たちは怖くも楽しいひとときを過ごしました。去年よりマイルドになったコースで恐怖感もあり会場内はとても盛りあがりました。



油面住区青少年部主催の「夏のキャンプ」が大成功!

8月6日(土)~7日(日)の1泊2日奥多摩の清東園キャンプ場にて。
昨年と比べ暑すぎることのない気温の中、恒例の1泊2日のキャンが開催されました。
今年も多数の応募があり、厳正なる抽選の結果40名の児童と一緒にジュニアリーダーやリーダー、油面小卒業の中学生ボランティアスタッフを育成者が見守る体制の中、今年も楽しいキャンプができました。
みんなで昼食を食べたあと、恒例の川遊びを行い、清流の冷たい水の中でしたが、皆が大はしゃぎで楽しみました。カレー作りは今年は火おこしから経験。自分たちで作ったカレーはルーまでお代わりし、あっという間に完食です。キャンプファイヤーも元気一杯、ジュニアリーダーと一緒に遊びました。
翌朝、カンガルートーストをつくり、昼食まで元気一杯に遊び、冷やしうどんを食べ閉村式となりました。閉村式の際、キャンプ場運営の方より児童に「大人になった時に、清東園を思い出してくださいね」というお言葉をいただきましたが、この思い出は大人になっても忘れない思い出になったと思います。
今年も中学生リーダーや中学生ボランティアが班リーダーを務め班をまとめ、さらに高学年の児童が低学年の児童にやさしく手を差し伸べる光景があちらこちらで見受けられ、一人ひとりが成長できたキャンプになったと思います。ジュニアリーダーも目黒以外からお手伝いに駆けつけてくださり、後輩の育成・指導をいただきました。
中学生の姿を見て、6年生の児童も「来年はリーダーとして参加したい」という声もあり、うれしく思いました。




青少年育成表彰式(駒場公園歩こう会会場)で油面住区推薦個人が表彰

4月29日(祝)、青少年育成表彰式が駒場公園歩こう会開会式において開催。
目黒中央中学校1年 松林杏悟くん、篠宮颯月さんが表彰されました。
班長ジュニアリーダー研修会に参加し学んだことを生かして、夏のキャンプ、住区まつり、梅まつりなど住区行事において、年少の子ども達の指導育成に取り組みました。

 


第一回油面住区バスハイクが開催されました

4月18日、青少年部主催の新企画、バスハイクが開催されました。行き先は「茨城県自然博物館」。
この博物館は自然豊かな環境の中に宇宙や地球について、生命についてなど、巨大マンモスの化石や剥製や模型など迫力ある展示や、子どもたちが興味を持つ工夫をした展示などがありそれらを見学できます。
当日は雨が降りそうな天候となりましたが、児童30人強をジュニアリーダーが中心となり元気に出発しました。
午前中に楽しみにしていた化石掘りを体験でき、途中雨が降りましたがすぐにあがり、一生懸命に土を掘り返して化石を探しました。
博物館館内の施設で、みんなで昼食をとり、シアターで茨城県菅生沼の自然の様子を学びました。その後、出発の時間ギリギリまで博物館内の展示を見たり、触れたり、体験したりと、どの展示も興味津々で楽しんでくれました。
ジュニアリーダーが中心となって班をまとめましたが5・6年の児童も終盤には率先して声かけやメンバーチェックをしてくれたりと、成長がみてとれた有意義なバスハイクとなりました。




青少年社会貢献表彰式(中目黒住区センター)で住区推薦の団体、個人が表彰

1月31日、青少年社会貢献表彰式が中目黒住区センターで開催。油面住区推薦の下記団体・個人が表彰されました。

<団体>
油面小学校 合唱団
住区まつりに参加し歌声を披露するとともに、地域のかたと交流を深め地域のコミュニティー形成に貢献しました。
目黒中央中学校 吹奏楽部
住区まつりに参加し演奏を披露するとともに、地域のかたと交流を深め地域のコミュニティー形成に貢献しました。
<個人>
目黒中央中学校 慶優海さん
子ども会班長ジュニアリーダー研修会に参加するとともに、地域の行事にも積極的に参加し、リーダーとして年少者の指導育成に取り組みました。

 



油面住区青少年部主催の「夏のキャンプ」が大成功!

8月1日(土)~2日(日)の1泊2日奥多摩の清東園で。
雷がなっていましたが、ポツリ程度で、川遊びもキャンプファイヤーもイベントは全部大盛り上がりでした。
児童と育成者総勢67名で、無事故で楽しいキャンプができました。
全員元気に「たのしかった~!!」「あと4泊位いたかった~!」等々の感想。
今年は中学生リーダー8人が班リーダーを務めてくれ、素晴らしい活躍でした。とてもいい形で世代交代のキャンプができたかなと思います。そこにはリードする高校生以上のジュニアリーダーと温かく見守る大人の育成者の姿がありました。(^O^)
若い世代が育つのは本当にうれしいなと感じるキャンプでした。



中学生のみなさん、地域で活躍してみませんか「お手伝い募集!」

地域の子どもたちのための行事です。ほんの少しのお手伝いからで大丈夫です。
先輩の中学生の皆さんの力を貸してほしいです。
お友だちと一緒に応募をお待ちしています。
8月1日(土)〜2日(日)奥多摩キャンプ運営のお手伝い
8月22日(土)夜の学校探検運営のお手伝い
10月18日(日)住区まつり運営のお手伝い
保護者の了解を得てくださいね。
6月18日までに申込書に記入の上、担任の先生に提出してください。18日以降は住区へ


クリックすると拡大します


あいさつ運動が実施されました

「目黒中央中学校区地域教育懇談会」主催、登校時の「あいさつ運動」も8回目になりました。
雨の降る6月3日(水)からスタートし5日(金)まで、油面小学校をはじめ、目黒中央中学校と中学校の学区域内小学校4校での同時開催です。(中目黒小、五本木小、鷹番小、上目黒小)
子どもたちから先に、「おはようございます!」の声が聞かれるようになりました。
「あいさつ」をとおして子どもたちを応援しています。
秋は後期の始業に合わせ、10月13日(火)14日(水)15日(木)に行います。


新緑の駒場公園へ向けて「歩こう会」が開催

油面小学校の正門近くにあるビオトープに、めずらしくカモが二羽やってきました。
今日4月29日は「歩こう会」の日。
二羽のカモはまるで子供たちを出迎えているようです。



午前10時に集合した参加者11名は元気よく出発。
途中、菅刈公園で休憩し、天空庭園に寄り12時に駒場公園に到着。
爽やかな新緑の公園は子供たちの遊び場には最高。昼食の後。ゲームをしたり広い公園内を駆け巡って楽しみました。

帰りは一部バスを利用して学校まで戻り、合計で約10キロの道のりを歩きました。
参加した子どもたちは、「疲れたけど楽しかった。また来年も参加したい」と言ってくれ ました。


目黒区青少年社会貢献表彰式にて鈴木梨乃さん(目黒4中2年生)が表彰されました

2月1日、目黒区青少年社会貢献表彰式にて鈴木梨乃さん(目黒4中2年生)が表彰されました。
鈴木さんは油面住区所属のジュニアリーダーとして住区のキャンプや各行事を通し、積極的に小学生の面倒をみたり育成に取り組んでくださっています。







ジュニアリーダーの今田くん表彰!!

2月2日(土)に「平成25年度青少年社会貢献表彰式」がありました。油面住区のジュニアリーダー・今田大貴くん(高校3年生)が目黒区子ども会連合会の推薦を受け、「子ども会班長ジュニアリーダー研修会の企画・運営に携わり、リーダーとして年少者の指導育成に取り組んだこと」が評価され、表彰されました。
今田くんは、平成24、25年度の「目黒区民まつり子ども広場」中高生ボランティアとしても活躍。住区では、「夏休みキャンプ」や「住区まつり」でも積極的に活動をしています。
今後も、若い力を多いに発揮してさまざまな活動に取り組み、年少者のよいお手本として、また、年少者を巻き込み地域の力に育っていってほしいと思います。

今田くん



心の東京革命推進モデル事業

目黒中央中学校区地域教育懇談会主催の「あいさつ運動」が、「平成25年度心の東京革命推進モデル事業」に指定され、2月7日(金)に開催された「平成25年度 青少年健全育成地区委員会連絡会研修会」において事例発表を行いました。
「あいさつ運動」は、目黒中央中学校と学区域内の5つの小学校(中目黒、油面、五本木、鷹番、上目黒)の登校門を中心に、地域の皆さんの参加をいただき実施しています。平成23年の10月に第1回目を行い、今年度で5回目となりました。(23年度は10月のみ。以降は6月と10月の年2回)なお、毎回、町会の掲示板にポスターを貼らせていただき、周知に努めています。
人と人をつなぐ最初のコミュニテーションであるあいさつは、大人同士や大人と子どもが顔見知りになり、心のふれあいや信頼関係を築くきっかけとなります。また、子どもたちの安全を見守るとともに、「みんなの味方がたくさんいるよ。」「みんなは未来の大切な宝。」とのメッセージを込めています。
今後も継続をしていく予定ですので、ご協力をよろしくお願いします。

心の東京革命
心の東京革命

子どもたちと保護者が地域とひとつになった住区おもちつき

油面住区もちつき大会が油面小学校体育館で開催されました。
おもちつきは町会(大塚山、中町東、中央中、中目黒五丁目、小滝、目黒原)、油面小学校おやじの会、油面小学校PTA、油面児童館のみなさんの協力によって行われました。

昨年からポスターも掲示しているので保護者以外の地域の方たちも大勢参加されるようになりました。
そこで、今年はよりたくさんの方たちに「つきたてのお餅」を楽しんでもらうようにお米の量も増やしました。

開会式で、油面小学校の秋山校長からは「ひごろから地域のみなさんには子供たちがたいへんおせわになっています。元気にすくすく育っていて、おもちつきを通じて地域と学校がひとつになって絆をつくるということはとてもすばらしいことです 」との挨拶がありました。

つきたてのおもちを、子どもたちが地域の方たち、お母さん、お父さんといっしょに食べたり、おもちつきを体験したりして、地域の方・子どもたち・保護者が笑顔満開のひとときを過ごしました。
また、会場内 には油面児童館の遊びのコーナーが用意され、おなかが満腹になった子どもたちで大にぎわいでした。


【行事運営のボランティア募集】

青少年部会では、行事運営のボランティアを募集しています。
またジュニアリーダー(小学5年生から)も募集中 です。
お問い合わせは 青少年部会部長 後藤孝子 09025347812まで